家を食害するシロアリの侵攻を食い止めよう【専門業者に調査依頼】

蜂の巣

確実な方法を選ぼう

ハチは攻撃的なので最悪の場合は刺されることになります。そのため、自分で退治するよりは無理をせず、業者に依頼する方法が安全で確実です。業者を決める場合は、料金や対応の素早さなど特徴を把握して判断しましょう。

男性と女性

依頼の申し込み方法

スズメバチの巣の駆除業者は、インターネットで手軽に探す事が出来ます。各業者がホームページで宣伝しているので、気になるところを見つけましょう。具体的な申し込み方法は、電話かメールで連絡を取って相談し、料金などに納得出来たら駆除日時を決めます。

アライグマ

可愛さだけで判断しない

アライグマはとても可愛らしい動物ですが、獰猛な部分もあります。野生の場合、危険がともなうこともあるので駆除対象となっているのです。田畑を荒らしてしまうこともあるので、見かけたら駆除業者に連絡をしましょう。

シロアリ

建物を食い荒らす害虫

大切な建物を食い荒らすシロアリは梅雨時期から夏場にかけて急増します。暖かく湿気があり、乾燥していない場所を好みます。シロアリは産卵時期が決まっておらず、一年中活動しているため注意が必要です。主に薬剤処理をして駆除を行います。

作業員

根本解決が可能

ハチ退治は、ホームセンターの殺虫剤などで対応できる場合がありますが、大型のハチでは難しい場合があります。そういった時には、道具がしっかりと整い、作業能力をもった専門業者に依頼するほうが無難といえます。

大事な我が家を守るために

散布機

家を食べる害虫について

家を食べる害虫、といえば多くの人がシロアリを思い浮かべることでしょう。しかし、実際にシロアリを見たことがあると言う人や、その被害を体験したことがある、という人はそう多くはないはずです。しかしながら、だからといって彼らを甘く見てはいけません。シロアリは非常に凶悪な被害を我々の大事な家屋に与えかねない能力を持っています。具体的な被害例よりも、駆除や修繕にかかる被害額が数万円から、酷い場合は数百万円にのぼりうるといえば、いかに凶悪な害虫であるかイメージしやすいでしょう。シロアリは地域ごとに生息する種類こそ異なりますが、ほぼ日本全土にいずれかの種類が生息しています。主に彼らは林や森などの倒木や地中にコロニーを形成しますが、ある程度コロニーが大きくなれば生息域を広げる為に引っ越しを開始します。国内でのメジャーなシロアリの種であるイエシロアリやヤマトシロアリは4月から7月にかけて羽アリとなって飛来します。ほぼ同時期にクロアリも羽アリとなり生息域を広げる為に飛来しますが、よく観察すれば見分けることが可能です。胴体にくびれが無く、羽が取れやすく、前後の羽の大きさがほぼ同一であれば、それがシロアリです。ただ、飛来してきた時点で彼らを見つけ出し、駆除すれば被害を完全に防げるかと問われれば、それは難しいと言わざるを得ません。彼らは群体で飛来し、たった数十頭でも環境次第でコロニーを形成しえます。なにより、3ミリから7ミリ程度の大きさの彼らを全て発見することがまず困難です。よって結論としては、シロアリを発見した時点で専門業者に調査依頼を出すのが一番無難と言えるでしょう。また、目に見える被害に気づいたころには、多大な修繕費が必要だった、というケースもありえます。シロアリを発見していなくとも、大事な我が家を守るために、定期的な調査を実行しておいた方がより磐石と言えるでしょう。早期発見、対処が肝要です。