家を食害するシロアリの侵攻を食い止めよう【専門業者に調査依頼】

建物を食い荒らす害虫

シロアリ

暖かく湿った場所は注意

大切な建物も食い荒らすシロアリ。梅雨時期から夏場にかけて急増すると言われています。シロアリは約2600種類おり、そのうち建物や農作物に被害を与えるのは100種類ほどだと言われています。自然界の生態系には欠かせない生き物であり、必ずしも害虫とは言い切れません。日本には約22種類おり、その中でも建物に被害を与えるのは4種類ほどです。シロアリは女王アリを中心に数万〜数百万頭の群れで生活し、ハチと同じように巣をつくるもの、卵や幼虫を世話するものなど役割分担して生活しています。シロアリには産卵時期は決まっておらず、一年中通して活動しています。シロアリの中に羽を持つものを羽アリといい、よりよい場所やより遠くに移動します。家の中に1匹でも羽アリを見つけたら要注意です。暖かく湿気があり、乾燥していない場所を好むため、発生しやすい場所は家の中でたくさん存在するのです。駆除方法には主にバリア工法とベイト方法が使われています。バリア工法とは薬剤を使ってシロアリの侵入を防ぐ一般的な駆除方法です。即効性があり、費用が安く済みます。ベイト工法とは罠をしかけてシロアリをおびき寄せ、薬剤を散布し、罠のエサを食べたシロアリが巣に帰り、伝播させ駆除する方法です。こちらは少ない薬剤で駆除できるため、建物や人に優しいのが特徴です。駆除料金は1坪あたり約6500円〜8500円が相場となっています。業者によっては無料で調査してくれるところや駆除に保証期間が設けられているところなどあるため、被害状況にあった業者を見つけるとよいでしょう。